Shoes Socks Clear

トップページ > Shoes Socks Clear > 効果と安全性

笑顔3笑顔1

効果と安全性

 即時効果実感!長続きの安心感。 
  特殊配合の除菌剤でにおいの原因菌を素早く分解、消臭。
  
揮発性も低く、効果は平均4時間以上続きます!
  ※効果は靴の状態により異なります。
 
 無臭ノンガスタイプ 
  香りのマスキングでごまかさない無臭タイプ。
  においの原因を除菌・消臭をします。

 安全性について 
  腐食性がないので靴やソックスに優しく生地を傷めたりせず
  外部での安全試験データでも認められた安心できる成分です。

シュークリアの特徴と性能① 一部菌名削り



品質検査報告書

ヒト評価試験

ヒトパッチテスト
 
被験物質:シュークリアについて、ヒト皮膚に対する24時間の閉塞貼付を実地した結果、
除去1時間後及び24時間後において被験者20名に皮膚反応は認められなかった。

安全性試験

急性経口毒性試験
 
シュークリアの急性経口毒性について、SD系ラットの雌6匹を用いて検討した。
その結果死亡例は見られず、一般状態においても異常はみられなかった。
体重は投与1日後から増加を示し、その後も順調な増加推移を示した。
剖検においても被験物質投与による影響を示唆する変化はみられなかった。


皮膚一次刺激性試験
 
シュークリアについて、3匹のウサギを用いて、皮膚一次刺激性試験を行った。
その結果、被験物質除去1・24・48及び72時間後、いずれの判定時にも紅斑、痂皮および浮腫は確認されなかった。
従って被験物質の一次刺激性インデックスは0であり、ISOの評価区分では無刺激に該当した。
以上により、シュークリアは当該試験によりウサギに対し皮膚刺激性がないものと判断した。


連続皮膚刺激性試験
 
シュークリアについて、3匹のウサギを用いて、連続皮膚刺激性試験を行った。
その結果、14日間の観察期間中、いずれの判定時にも紅斑、痂皮および浮腫は確認されなかった。
従って、被験物質の累積炎症指数は0であり、ISOの評価区分では無刺激に該当した。
以上の結果により、シュークリアは当該試験においてウサギに対し連続塗布による皮膚刺激性がないものと判断される。


眼刺激性試験
 
MTS(総合評価点の平均値)はいずれの時間においても0.0であり、
Kay and Calandraの方法により分類すると「無刺激性」に分類された。


細菌を用いる復帰突然変異試験
 
シュークリアは、細菌に対する遺伝子突然変異誘発能を有さない(陰性)と判定した。

※試験実地機関
㈱生活科学研究所
 ヒトパッチテスト・眼刺激性試験
 皮膚一次刺激性試験・皮膚連続刺激性試験
㈱薬物安全性試験センター
 急性経口毒性試験・細菌を用いる復帰突然変異試験


安全性試験データ
(安全性・成分分析)


3
↑クリックで拡大します。

※試験実地機関
㈱生活品質科学研究所

y女性2

ページの先頭に戻る